メニューを開く
新宿習い事カタログ » 【丸の内女子と徹底比較】新宿女子に習い事が必要な理由 » 他のエリアと比べて「婚姻率が低い」

新宿女子のかなしい現実・婚姻率が低い

新宿は他のエリアと比べて婚姻率が低いことと、習い事との関係について詳しくお話します。

【切実】丸の内・渋谷エリアより8%も低い婚姻率…

他のエリアと比べて「婚姻率が低い」 参照元:株式会社スパイア「仕事への満足度に関する調査(PDF)」
  • https://www.dac.co.jp/Contents/pdf/press/20120904_sp_reserch.pdf
  • 新宿女子は丸の内女子より年収が低いだけでなく、婚姻率まで低いことがわかりました。
    まず、彼氏がいない女性に理由を聞いたところ、ダントツで多いのが「出会いがない」というもの。
    そこで、既婚者が結婚相手と出会った場所・きっかけを調べてみました。

    結婚相手との出会い・きっかけBEST5

    結婚相手との出会い・きっかけBEST5 参照元:cancam.jp
  • https://cancam.jp/archives/184044
  • 最近は、ネットやアプリを使って婚活する人も増えてきましたが、一番多かったのは「職場での出会い」。顔を合わせる機会が多いぶん、そこから話すようになったり、食事に行くようになったりして、お付き合いに発展するケースです。
    「自然にお互いのことを知ることができる」ので、そのまま結婚に進むのも納得です。

    しかし、残念なことに新宿女子に、職場恋愛はあまり期待できません。
    その理由は…こちら

    職場での出会いが期待できそうにないからと言って、諦めるのはまだ早い!
    せっかく習い事を始めようと思っているなら、素敵な出会いがありそうな習い事を探してみるのはいかがでしょう?
    習い事を選ぶときのポイントを5つ、紹介します。

    これさえ押さえておけば大丈夫!
    習い事選びの5カ条

    • グループのレッスンを選ぶ

      出会いを求めるなら、グループレッスンが最適!
      毎週、同じ曜日・同じ時間のレッスンを受ける相手なら、顔を合わせるうちに自然と仲良くなれます。

    • 男女比を確認する

      一般的に、男女比5:5~6:4を目安にすると、より出会いやすいと言われています(女性が多い習い事は、競争率が高くなりますからね)。
      体験入学などで男女比のバランスをチェックしたうえで、スクールを決めましょう。

    • 決まった曜日に通う

      決まった曜日に通うことで、定期的に顔を合わせるので、仲良くなるチャンスもアップ!
      少人数タイプのレッスンなら、クラスに一体感が生まれて、レッスンの後に食事に行ったり、休みの日に集まったりすることも珍しくないそうです。

    • 自分が習いたいものから選ぶ

      習い事を始める理由のひとつが「出会い」だからといって、まったく関心のない習い事をするのはNG!興味のない習い事は、続かない可能性があるからです。
      また、好みの男性と出会えても、楽しさを共感できず、お互い退屈な時間になってしまうかもしれません。習い事は自分の興味があるもの・習いたいものから選びましょう。

    • ターゲットを決めておく

      「習い事で彼氏を見つけた人が多い」からと言って、やみくもに習い事をすればいいわけではありません。
      例えば、着付け教室は女性ばかりなので、出会える確率はかなり低いですし、スポーツが苦手なのにボルダリングを始めても、長くは続きません。
      どんな男性と出会いたいのか、タイプの男性はどんな習い事をしているのか、あらかじめリサーチしておきましょう。

    5カ条をクリアしている注目の習い事は?

    • 1~5すべてクリアしている
      英会話

      マンツーマン専門のスクールもあるけど、毎週決まった時間に通うグループレッスンがおすすめ。
      同じレベルの人たちといっしょにレッスンを受けることで、話す機会が自然と増えます。
      最近は、ウェルカムパーティー、クリスマスなど、イベントが盛んなスクールも多く、それがきっかけで仲良くなる生徒さんも多いそうなので、イベント情報も要チェックです。

    • 1以外クリアしている
      ボルダリング

      ボルダリングは個人競技だから、他の人との接点がないと思われているけど、そんなことはありません。
      自分がクライミングしない間は、登っている人の応援やアドバイスをし合うので、何度か顔を合わせるうちに、仲良くなるケースがあるそう。
      また、コースやレベルの高い課題に取り組んだり、共同作業のような気分になれるのも、ボルダリングの魅力です。